思い出

夜、友人に私の頼みで

私の思い出の場所に連れて行ってもらった

もうすぐ十月という事もあり

風が少し冷たくて、肌寒かった

あの人と、不意にいつも行っていた場所

二人で見つけたお気に入りの席

景色は何も変わらなかった

都会の夜景とは比べ物にならないけど

それでも私には、いつでも美しく見えた

この日は、心が切なくなった

とても痛くなった

物理的な事が得意なあの人は

初めてここに連れてきてくれた時

私の大好きな太陽の仕組みや宇宙の仕組み

地球誕生の話を、自慢げな顔をして教えてくれた

とても知的な人だった

私の二番目に気に入ってる場所

思い出がたくさん詰まった場所

久しぶりに来たけれど、とても美しい景色だった

f:id:tokiko720:20170926073327j:image