なんでもない日のプレゼント

昨日、家に帰ったら私に荷物が届いていた。

なんだろう?と箱を開けた途端、いい香りがして

友人の好きな香水を付けておいたのだそう。

友人らしい優しくて柔らかい香りだった。

大好きな友人からのプレゼントだった。

プレゼントは、キャンドルと天使が描かれた

小さな小皿。

f:id:tokiko720:20171020121959j:image

この小皿の上に、キャンドルを焚いて

楽しむ物なのだろう。

私はこういう、なんでもない日にいただける

プレゼントが本当に好き。

彼女は本当に私の好みが分かるし

私と唯一趣味が合う大切な友人。

キャンドルは、私にとって素敵な思い出があるし

本当に嬉しかった。

広島の友人なのだけれど、いつもね

"いつか一緒にカフェに行けたらいいね"

"いつか必ず会おうね"

と、いつも連絡を取っている時に言い合う。

本当に嬉しかったです。

ありがとうございます。大切にします。

f:id:tokiko720:20171020122558j:image

Audrey Hepburn展

今日は、朝早くに起きて

名古屋で開かれているAudrey Hepburn展に

行ってきました。

私はこの女性が本当に大好きです。

流行に絶対に左右されず、

常に愛し愛される事を求め、自分をしっかり持ち

気の強い彼女に私は尊敬をしている。

どの写真も本当に美しくて、無邪気で自由で

そして彼女は何よりも家族を大事にしていたのだと。

こんな女性になれたらなと。

私はまだまだ未熟すぎる。

私は確かに、流行に左右される事はまず無い。

愛し愛される方も求めている。

けれど、Hepburnと比べると私は人として

足りないものが沢山ある。

自分を成長させるには、自分次第だと本当に思う。

私は大した努力をこの人生でしてきた記憶がない。

彼女はきっと限りない努力をしていたと思うと

本当に尊敬しかない。

自分はどうするべきなのか、どうしていきたいのか

色々考えさせられる時間だった。

f:id:tokiko720:20171019212811j:imagef:id:tokiko720:20171019223005j:image

今日は雨だった。少し寒い。

もう冬も近づいてきているのね。

私は布団にこもりながら、ブログを書いています。

あの人は、大丈夫でしょうか。

風邪を引いていないでしょうか。

一人で雨に濡れていないでしょうか。

きっと私と離れた今も、色々な事を頑張りながら

色々な事に悩み彷徨っているでしょう。

けど、深入りはしないの。

あの人が頼りたい時に、甘えたい時に

居場所が欲しい時に、私は少しでもあの人の

役に立てれば良いと思っているの。

都合良く思われたっていい。

私は恩返しがしたいのよ。

あなたに今までね、本当に支えられていたから。

連絡をしたい時にしてこればいい。

頼りたい時に頼ってきてもらえればいい。

あの人が少しでも悲しまないように

少しでも楽な気持ちでいてほしいの。

今日は、どんな日でしたか。

嬉しい事はありましたか。

それとも悲しい事がありましたか。

実は少し疲れていませんか。

風邪を引かないように温かくして下さい。

今日もあの人が笑顔でいられていますように。

星の豆知識

また久しぶりに見つける事が出来た。

夜、道を歩く途中、ふと夜空を見上げた時

オレンジがかかった赤色が小さく輝く

私の見慣れた実視連星。アンタレス

何故なのかは分からないけれど、

あの星を見つけると心がとても落ち着く。

懐かしい気持ちになるのでしょうか。

 

私はアンタレスが何故、赤色をしているのか

少しだけ調べてみた。

アンタレスが赤色をしているのは

温度が低い星な為。白っぽい色の星ほど、

温度が高い星なのだと言う。

さそり座のアンタレスは表面温度が低く

約3000 °C程な為、赤く見えるのだとか。

黄色に見える太陽の表面温度は約6000 °C…

青白色に見える"こと座"のベガは、約9000°Cらしい。

今まで考えた事もなかったから

こんなにも細かい仕組みがあっただなんて。

頭が追いつくまでに時間は掛かるが

これから少し勉強を始めてみよう。

それがいつか仕事になったらな、なんて

夢のまた夢の話。

写真は、アプリで私が撮ったものです。

携帯を星に翳すと、その星がどの星なのか

正確に教えてくれる素晴らしいアプリ。

良ければ是非、あなたもお使いになってみて下さい。

アプリ名は、Night Skyです。

f:id:tokiko720:20171016234349j:image

西の魔女が死んだ

私のお気に入りの作品。

自然に囲まれながら祖母と二人で生活する

一人の女の子の物語。

女の子は、中学に上がってすぐの頃、

早速不登校を起こしてしまう。

不登校の経験は無いのだけれど、周りに上手く

溶け込めない気持ちは本当に分かる。

期間にしたら、季節一つ分の物語だけれど、
それは私にとって凝縮された時間だった。

ユーモアのある祖母…
彼女は魔女の血を引く家系。

祖母に憧れた女の子は、祖母から

魔女になるためのレッスンを受ける事になる。

特殊なものかと思いきや、祖母が女の子に課した、

魔女の「基礎トレーニング」それは
早寝早起き、食事をしっかり取り、よく運動し、

規則正しい生活をする。
これと言って特別な事ではなかった。

私もこの物語の中の祖母に憧れ、

基礎トレーニングをしていた事はあるのだが

三日坊主どころか一日坊主である為、早速

無意識に夜更かしをしていた。

 

私は何より、この物語の祖母の名言が

とても好きだった。

特にお気に入りの名言がある。

その名言を忘れたくないのか、何なのか

分からないけれど、時々不意にあの物語が

観たくなり、月に一度は観る様にしている。

 

「サボテンは水の中に生える必要はないし

蓮の花は空中では咲かない。

シロクマがハワイより北極で生きる方を

選んだからと言って、誰がシロクマを責めますか」

f:id:tokiko720:20171015145243j:image

 

 

スヌード

昨日、お店に入ってすぐに一目惚れしたスヌードに

出会いました。

手触りは凄くふわふわしていて

私の好みの色で、何より物凄く温かい。

今年の冬がとても楽しみになった。

今年はどんな冬になるのでしょうか

私にとっては少し不安もあります。

素敵な冬になります様に…

f:id:tokiko720:20171014121235j:image

お願い事

どうか、あの人に不幸や災いが何一つ降り懸からず

笑顔いっぱいで幸せな毎日が過ごせますように

自分らしく過ごせていますように

あの人が辛い時、苦しい時、寂しい時

もう私は側にいてあげられない。

抱きしめてあげることも出来ない。

それに、もう会う事もないのかもしれない。

彼には本当に幸せでいてほしい…

あの人は幸せにならなきゃいけない人なんです。

全てをかけて私を守り支えてくれた人だから

本当に純粋で、優しくて素敵な人なんです。

知り合いに、どんな人だったのと聞かれた時

"本当に素敵な人だった"と素直に言えるくらい

心が綺麗な人でした。

どうか今頃、笑って過ごせていますように…

一人で泣いていませんように

潰れていませんように

私は毎日、あなたの幸せだけを願って生きています。

あなたが辛いと私も辛いです。

あなたが嬉しいと私も嬉しいです。

あなたが一人で潰れているのを想像するだけで

可哀想で仕方ないのです。

涙が止まらないのです。

私があなたを大切な気持ちはどんな時も

変わることはありません。

私がどれほど素敵な人に巡り合っても

あなたがどれほど素敵な人に巡り合っても

あなたのことは絶対に忘れません。

無理はしないで下さい

自分に素直に生きて下さい

辛い時は誰かに頼って下さい

一人ぼっちだと思わないで下さい。

私はいつでもどんな時でもあなたの味方です。